国内で美しい亜熱帯の海が楽しめる!石垣島の魅力3選

年間を通して暖かい亜熱帯の気候

石垣島の緯度は北緯24度台と、地図で見れば北回帰線のすぐ北に位置しています。しかも周辺の海域には年間を通して黒潮の本流が流れ、真冬でも日平均気温が15度を割り込む事の無い大変温暖な気候なのです。まさに亜熱帯と呼ぶにふさわしい気候風土であり、石垣島旅行を計画する際にはこの事を頭に叩き込んでおく必要があるでしょう。基本的に冬の一時期を除けば厚手のアウターの出番は全く無く、観光に適した春先から秋にかけてならそれこそTシャツ一枚でも快適に過ごせる程。トランクの中には嵩張る上着よりもむしろ、日焼け止め等のスキンケア用品を充実させていった方が良いでしょう。

マリンレジャーに適した透明度の高い海が魅力

塩分濃度が高く海洋プランクトンの大変少ない黒潮がすぐそばを流れる石垣島は、海の透明度が非常に高く綺麗なのが特徴的。かなりの深度まで太陽光が届く海はサンゴ礁の宝庫であり、各所に広がる美しいビーチも含め、ダイビングを始め各種のマリンレジャーに最適な条件となっているのです。もちろん暖かく水着や薄着で気軽に楽しめるのも大きな魅力。マリンスポーツやレジャーが苦手な人でも楽しめるジャンルやコースも豊富ですから、誰でも安心してエントリー出来るのです。

国内西端近くに位置するというメリットも

石垣島が属する先島諸島はまさに日本の最西端。つまり国内で最も太陽が沈む時刻が遅く、その分夕方遅くまで様々なレジャーや観光を楽しむ事が出来るのです。1日のスケジュール的にも余裕を持って西の海に沈む美しい夕景を眺める事が出来、そうしたスポットも島内各所に存在しています。綺麗なビーチと亜熱帯の透明な海、そして美しい夕景。こんな贅沢なひとときをゆったり満喫出来るのは国内広しと言えどもここ石垣島くらいなものでしょう。

石垣島の旅行では、豊かな自然を満喫しながら快適に過ごせる点が魅力で、忙しい日常を離れてのんびりと過ごしたい場合には最適です。